COLLECTORのレア&マニアなblog

奈良県の希少車・コンプリートカー・ユーロディーゼル車を中心に
パーツ等も輸入販売しているCOLLECTORのスタッフblogです。
稀少車・ユーロディーゼル車・希少車の買取も強化中ですので、是非ご相談下さい!


<< スピードテスト | main | ヴァリアントにもコンフォートラインがっ! >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





Sクラスにハイブリッド車登場!

こんばんわ!Tatsuですm(__)m

ベンツのSクラスにも、とうとうEcoCarが登場しますよぉ〜楽しい

メルセデスベンツ Sクラス にハイブリッド---12.6km/リットル

ダイムラーは9月17日、『S400ブルーハイブリッド』の概要を明らかにした。量産車としては初めてリチウムイオンバッテリーを搭載。システムは3.5リットルV6ガソリンエンジンとモーターの組み合わせだ。2009年6月、まずは欧州市場へ投入される。
ダイムラーは2008年3月のジュネーブモーターショーで、「世界初の自動車用リチウムイオンバッテリーを開発した」と発表。ドイツの部品メーカー、コンチネンタル社と共同開発したもので、この高効率なリチウムイオンバッテリーがS400ブルーハイブリッドの中核技術となる。


リチウムイオンバッテリーはトヨタ『プリウス』などのニッケル水素バッテリーに比べて、充放電の繰り返しによる性能劣化が少ないのがメリット。しかし、従来はパソコンや携帯電話など家電製品向けがメインで、自動車に搭載するには、性能や安全性を高め、コストも抑える必要があるとされてきた。

ダイムラーは小型高性能なリチウムイオンバッテリーの開発に成功。バッテリーはエンジンルームに収まるコンパクトサイズで、室内空間はまったく犠牲にしていない。このバッテリーの開発にあたっては25件の特許を取得したという。

注目のパワートレーンは最大出力279psのS350用3.5リットルV6に、最大出力20psの小型モーターを追加したもの。システム全体では、最大出力299ps、最大トルク39.3kgmを発生する。0-100km/h加速は7.2秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)の実力。それでいて、燃費は12.6km/リットル、CO2排出量は190g/kmに抑えた。ダイムラーは「クラストップの環境性能を実現した」と胸を張る。ベースになった「S350」は燃費9.9km/リットル、CO2排出量245g/kmだから、ハイブリッド化によって約22%、環境性能を引き上げた計算だ。

ちなみに、欧州仕様のレクサスのハイブリッド2車と比較すると、5リットルV8の『LS600hL』が燃費10.8km/リットル、CO2排出量219g/km(2007年6月の欧州発売時のデータ)、3.5リットルV6の『GS450h』が燃費12.7km/リットル、CO2排出量186g/km(2006年5月の欧州発売時のデータ)。S400ブルーハイブリッドは、ひとクラス下の『GS450h』とほぼ同等の環境性能を実現していることになる。

他のSクラスとの違いはメーター内にハイブリッドシステムのインジケーターが装備される程度。ミッションは専用チューンの7AT、7Gトロニックだ。モーターはエンジンとミッションの間に配置される。S400ブルーハイブリッドは2009年6月に欧州へ投入。その後、8月に中国、9月にアメリカで発売される。Sクラスは世界の高級車の指標といわれるだけに、S400ブルーハイブリッドは、環境派のエグゼクティブから熱烈な支持を集めそうだ。


ヨーロッパで来年6月、中国は8月、アメリカは9月となってますが。。。

あれ?あれれ???
・・・日本は???
また詳細がわかれば、ここにUPしますね!たらーっ

↓ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。

ランキングバナーくつろぐブログ王ranQ惑星

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ 人気ブログランキング ブログランキングホームページランキングRank Now!

ビジネスブログ100選  ブログランキング


BS blog Ranking ブログ検索☆BITZ 有名ブログランキング Blog Rank7
-ぶろーぐ- ブログ検索エンジン&ランキング
posted by d-power 18:42 |-|-





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 18:42 |-|-